• ホーム
  • 製品・サービス
  • バイオガスの基本
  • 廃棄物処理
  • お客様の声
  • 企業情報

廃棄物処理

ホーム > 廃棄物処理

廃棄物処理について

廃棄物処理と種類

私たちの生活から必ず発生する廃棄物(ごみ)は、正しく処理しなければならないと法律で定められています。普段の暮らしで出る燃えるごみや燃えないごみは、住んでいる自治体のルールに従って決められた方法でゴミステーションに出しておけば、自治体が責任を持って処理してくれます。しかし、事業所から発生するごみはそうはいきません。廃棄物処理法では、「事業活動に伴って排出される廃棄物は、事業者の責任によって処理する。」と国が定めています。

廃棄物は日常生活で発生する「一般廃棄物」と事業所から発生する「産業廃棄物」に別けられます。これらの違いは以下のように分けられています。

「産業廃棄物」

  • 事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法で定められた20種類と、輸入された廃棄物があります。
  • 処理責任は排出事業者にあります。

「一般廃棄物」

  • 一般廃棄物はさらに「ごみ」と「し尿」に分類されます。また、「ごみ」は商店・オフィス・レストラン等の事業活動によって生じた「事業系ごみ」と一般家庭の日常生活に伴って生じた「家庭ごみ」に分類されます。
  • 処理は市町村の責務です。

代表的な有機性廃棄物の変換技術

代表的な有機性廃棄物の変換技術

廃棄物の中でも注目されているのが、「有機性廃棄物」です。これらは環境問題や資源の有効活用の点から、燃やして処理するのではなく、有効に活用しようとする取り組みが全国で行われています。具体的には食品廃棄物(生ゴミ)、家畜糞尿、下水汚泥、農業残渣、木質系廃棄物などがあり、ごみとして処理するのではなく有効な資源として再利用する方法が実施されています。それぞれ性質の違いにより利用用途が異なり、図に示すような方法が適しているとされています。

産業廃棄物の種類(20種類)

産業廃棄物の種類(20種類)