• ホーム
  • 製品・サービス
  • バイオガスの基本
  • 廃棄物処理
  • お客様の声
  • 企業情報

可溶化技術

ホーム > 可溶化技術

可溶化による発電量UP

可溶化の方法

メタン発酵は、有機物をメタン菌が食べられる状態へ分解する必要があります。メタン発酵の効率を良くするために、有機物を分解するための様々な「前処理」方法が開発されています。大きく分けて、機械的処理、熱・化学的処理、酸化的分解処理、生物学的処理の4種類あります。それぞれ一長一短あり、原料に合わせた組み合わせを行うことで、メタンガス発生量の増加や、発酵期間の短縮など様々な効果を得られます。

可溶化の方法